ハードコア・ダイアリー弐 〜悲願熱涙編〜

アクセスカウンタ

zoom RSS サラリーマンと機関銃

<<   作成日時 : 2007/05/05 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

玄関口にM60がある生活。いいですよね、M60。
小用で外に出る時とかにちょっとしたオシャレとして便利ですよね。
「今日はなんだかスタローンみたいね、貴方」と
粋な婦女子諸氏にも大好評間違いなし!!

画像


…そんな生活です、コンバンハ。
いやー、なんでしょうね。貧乏ヒマなしと申しますか、
いやはや自業自得と申しますか、毎日毎日それなりに忙しく、
あまり考えなくても事が進んでいく様子は、
まさに光陰矢の如く、全ての瞬間がクライマックスだぜ!といった
実にケレン味溢れる物語なのでございます。

そんな生活の中、いつの間にやら
玄関口に配備されたのがこのM60でございまして…

ん?オモチャやフィギュアは買わないんじゃなかったのか!って?

…えっと…これはアレだ、ファッションだから!!
ちゃうねん!これはちゃうねん!オモチャちゃうから!

いやー…先日、仕事の合間に春のショットショージャパンに行って参りました。
これは以前にもご紹介した、ミリタリー関連の即売会みたいな感じの
OSAKAはアメリカ村という、何所やねん!という土地の一角の
ビルの地下室で行われるという、なんともまぁ怪しい闇市のようなイベントでして。
その際に、MRE(軍用食)やら迷彩シートやら、そういった小物を漁って
実はホントに小物ばっかりで、銃は買わなかったんですよ。

だけど運命は皮肉なもの。
その後友人達とついでに寄ったガンショップがマズかった。

ご奉仕特価 M60E3 LONG 定価10万2900→3万ジャスト

ハァ?何かの見間違いでしょうか。その場にいた一同、愕然。
いや…だって、エアガンの中では大物中の大物の部類ですよ、コレ。
どんなに割引されても7万ちょいはする代物ですよ?
中古でも4万くらいですよ?それが新品で3万?ご冗談を!
正直目を疑う我々。これは仕事の疲れが見せる幻覚なのだろうか。

「…絶対間違いだよな、コレ」
「いや…でも数字的に間違う数字じゃないだろ、コレ…」
「でもあっちに置いてる在庫、普通に7万チョイなんだけど…」
「…」
「……」

仮に間違いだとしても、我々の中の誰かが回収しない限り、
この場を逃すとずっと後悔するハメになる!

「店員に有無を言わさない勢いが大事だ!」
「確かに!…で、誰が回収を?」
「オレ、さっきショットショーでスコーピオン買ったから無理」
「オレもさっきショットショーでガバ買ったから無理」
(熱視線)(熱視線)


…あ…
…オレかっ!!
…と、いう訳で…。

まぁ…あれだ、うん。そういうめぐり合わせってのも大事だよね、うん。
一瞬の出会いこそが大切なんだよね、うん。
そう自分に言い聞かせながら、ヒィヒィいいつつこの大物の重さをかみ締め
帰路に着いた訳でございます。あー、もうアホだ!オレってアホだーー!!

でも…いいよね…M60のある生活…。
頭の中にロッキーのテーマが流れてくるよね!!
時期的にファイナルだよね、ファイナル!!

…スタローンしかつながりないじゃん。

そんなこんなで財布の紐がちょっぴり緩んじまった今日この頃でした。テヘ。
また食費で自らの首を絞める事になります。キュー。バタン。

…あ!イラストは描いてる!描いてるヨ!もう少し待つヨ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
・・・でたな!(笑
KAK
2007/05/07 01:54
>KAK兄さん
うむー。やはり物質としての存在感はたまらんものがありますな。でもあれだ、撃つとダメだね…やっぱ外見とあのパスパスいう音とがイマ一つ合致しないので、気分はあまりよろしくないなぁ。マガジン交換の気持ちよさも無いしね…。おまけに撃ちつくすか空にするかしないとジャラジャラなってかっこ悪いし…という訳で、撃つ楽しみは確かにいろんな所で言われてる通り微妙ですわ。 だがそれを凌駕するだけの圧倒的存在感が大満足なのでいいけどな(笑
やっぱ撃つのはクルツかP90が楽しいわ。

とか、別にここじゃなくても直で話できるような事を延々と書き込んでみたり(笑
ニンジャさん
2007/05/09 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
サラリーマンと機関銃 ハードコア・ダイアリー弐 〜悲願熱涙編〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる